デスクワークによる足のむくみを解消する3つのポイント!?

デスクワークでなぜ足がむくむの?

デスクワーク 足 むくみ

出勤してから仕事が終わるまでほぼデスクワークをしていると、
途中から足がむくんでくることってありますよね。

 

足がむくんでくると、ふくらはぎなどが痛くなってきたり、
パンパンに腫れてきたりして仕事にも集中できないし、
何よりも仕事帰りにパンパンに腫れた足が他人からどう見られてるんだろう?
って気になりませんか?

 

デスクワークをしていてなぜ足がむくむのか?考えられる原因を紹介します。

 

デスクワーク 足 むくみ

 

 

何時間も同じ姿勢でデスクワークをしていると、血の巡りが悪くなります。
その時体の中にある余分な水分や老廃物が足などに溜まってしまい、
むくみが起きると考えられています。

 

冷え性持ちの場合は、普段から手足などの冷えによって血行不良になっています。
むくみは血行不良によって起きることが多く、むくみも起きやすい状態となります。

 

ファーストフードやラーメンなどは多くの塩分を含んでいるのですが、
塩分は体内に水分を溜めこもうとする特徴があるので、上手く排出されないとむくみが
起きる原因となります。

 

むくみを解消する3つのポイント!?

なぜデスクワークをしていてむくみが起きやすくなるのか?を紹介してきました。
デスクワークは仕事なのでやめるわけにもいきませんよね。

 

ここではむくみを解消するために意識しておきたい3つのポイントを紹介します。

 

ゆったりとした服装をして、体を締め付けないこと。

ファッションを優先させるばかりに締め付けの強い洋服を着ていませんか?
締め付けが強いと血行が悪くなりむくみを起こす要因となるので、可能であれば
仕事中はゆったりめのスカートやパンツなどを着用しましょう。

 

姿勢を意識する

何時間も同じ姿勢をとっていると血流が悪くなると書きましたが、椅子の高さが
むくみを招くこともあるようです。あまりに椅子がくてつま先だけ地面に着いている
状態だったりすると、足先に水分が溜まってしまいむくみやすくなります。

 

足の裏が均等に地面に着くように椅子の高さを調整しましょう。
また、普段は顎をひいてパソコン画面などを少し見下ろすような角度で仕事を
すると肩や腰への負担も少なくなりますが、姿勢を保とうとするあまり太ももの付け根が
圧迫されて血行不良になる恐れもあります。

 

意識的に休憩時間をとって、立って背伸びをしてみたりトイレ休憩などをとって
歩くように心がけたりして体を動かすようにしましょう。

 

塩分を多く含む食品は控えめにして、利尿作用のある食品を摂りましょう。

手軽に食べられるようなファーストフードなどは、塩分を多く含んでいます。
利尿作用が期待されているカリウムを含む食品などを摂るように心がけましょう。

 

カリウムを多く含む食品は、明日葉や納豆、ほうれん草などになります。